読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

大人にこそ見て欲しいディズニー映画『ズートピア』【ネタバレ感想】

ズートピア


製作国:アメリカ合衆国

公開年:2016(日本)

こんな人におすすめ

・動物好きな人(もふもふ最高)
・ミュージカル系が苦手な人
・差別・イジメに苦しんだ経験がある人

『ズートピア』あらすじ

幼い頃から正義感が強く、差別のない世界を作りたいと願うウサギのジュディ。
警察学校での過酷な試練を乗り越え、無事ウサギ初の警察官となる。

しかし、与えられた仕事は交通違反の取り締まりだけ...ショックを受けるジュディだが前向きな姿勢で仕事をこなしていく。

そんな中、詐欺師まがいの仕事で生計を立てているキツネのニックと出会い、共にズートピアで問題になっている行方不明事件の捜査を行うことになるが...


※以下ネタバレ要素を含みます。


映像美が素晴らしい

ズートピア 映像美
(出典:『ズートピア』)


『ズートピア』にはとにかくたくさんの動物達が登場するんだけど、どの動物もそれぞれの特徴を活かした描写、そして何より毛並み(肌の質感)が美しい。

メインの2匹(ウサギとキツネ)のもふもふに癒されます(笑)
嗚呼、さわりたい。

子供より大人が夢中になるかも

この作品は一言で言うと...

『差別・偏見の壁を乗り越え、共に協力し合い生きていく』事を伝えたかった映画だと私は感じました。


主人公のジュディは「ウサギは大人しくニンジンを作っていればそれでいい」という草食動物への差別
相棒のニックは「キツネの言う事なんか信用出来ない」という肉食動物への差別を受けて育ち、大人になっていきました。

差別や偏見故に職業が限られ、どの動物も仲良しこよしの世界ではない。

これは現代社会においても同じ事が言えると思います。
実際に人種差別はあるし、互いに傷付けるつもりはなくとも心の何処かで自分と違った人間を差別しているのが現状。


『ズートピア』はこの問題について考えされる映画でした。だからといってお堅い教育的要素は無く、動物達がユーモラスに動き回る楽しい映画なので評価されているんだと思います。

子供は序盤で飽きるかも...

大人が夢中になる映画の反面、子供にとっては少し退屈だと感じるかもしれない。

序盤は主人公のジュディが警察官になるまでの過程を描き、ズートピアへ配属されてドキドキ!これから頑張るぞっ☆ 的な感じなんだけど、途中から行方不明事件の真相に迫っていくうちに段々とシリアス展開に...。


正直、小さな子供にとって難しいかな?

動物達がワイワイやってるのは可愛くて楽しいんだけど、最初から最後まで食い付かないかも(笑)

ミュージカル要素は無し!

これは賛否両論あると思うけど、『ズートピア』にミュージカル要素は全くありません!

『アナと雪の女王』や『塔の上のラプンツェル』のように、話の途中でキャラクター達が歌い出したり踊り出したりはしません。


私はこれはこれで全然あり派。

ミュージカルが苦手な訳ではないけど、ミュージカル要素があるとどうしても話が飛躍するというか...場面の切り替えを誤魔化してる感があるというか(笑)

子供にとっては歌ったり踊ったりした方が楽しいんでしょうけどね。

とにかく狐のニックがカッコいい(笑)

ズートピア ニック
(出典:『ズートピア』)


ニックカッコいいよ、ニック。

実は私『ズートピア』を観るまではニックは最後に裏切る悪いやつかと思ってました(笑)

そしたらまさかの黒幕はあいつだったという。
鈍い私には最後まで分からなかったけど、勘のいい人は途中で黒幕分かったのかな?


ズートピア ニック
(出典:『ズートピア』)


ニックはずる賢くて口も悪いキツネなんだけど、それがまたイイっ☆

『わんわん物語』のトランプや『塔の上のラプンツェル』のユージーンみたいな、ちょっぴりキザだけど、いざとなれば頼りになるタイプ。

私は正統派の王子様より、こういったひねくれてるタイプの方が好き。

最後に

『ズートピア』は深いテーマでありながら、動物達がコミカルに動き回る明るく楽しい雰囲気に包まれた素敵な映画です。

大人だけで観ても楽しめるし、細かい描写がたくさんあるので何回も観たくなっちゃいます。


タイトルは知ってるけど、まだ観ていない人はぜひぜひっ☆



おしまいっ!