読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

フリーゲーム『ゆめにっき』の思い出


【この記事はネタバレ要素を含みます】


どーもこんにちは!甘夏(@amanatu_sauce)です。


今回は今流行りのswitchの話題とはかけ離れた記事をお送り致しますので予めご了承下さい。
(今更感ハンパないッス)


『ゆめにっき』は私がプレイしたゲームの中でも特殊でなおかつ思い出深いゲーム。
何年経ってもふと思い出すほど記憶に残っている。

フリーゲーム『ゆめにっき』とは?

ゆめにっき
(出典:ゆめにっき)


ききやま氏製作のフリーゲーム。

RPGツクールで製作され、2004年に公開されて以来、今でも数多くのファンに愛され続けるタイトル。

文章によるストーリー解説やセリフは一切無く、製作者のさきやま氏も「特にストーリーや目的はありません。歩き回るだけのゲームです。」と語っている。


まぁ、一言で表すと
『言葉では説明出来ない独特の世界観を持ったゲーム』とだけ言っておこう。

私とゆめにっきの出会い

私がゆめにっきと出会ったのは10代の頃。 当時私はニコニコ動画にどハマりしていて、暇さえあればパソコンを開いてニコニコしていた。


中でも好きだったのが『ゲーム実況』

ジャンル問わず色んな人のゲーム実況を見るのが寝る前の日課だったが、その時にたまたま目に入ったのが『ゆめにっき』
どこかダークで可愛いドット絵に惹かれてとりあえず動画を開いた。


ゆめにっき
(出典:ゆめにっき)


ゆめにっきを初めて見た私の感想は

「うおぉ...なんか好きかも。」


ダークで独特な世界をひたすら歩きまわる通称『窓付き』その世界はどこか不気味で不協和音のようなBGMが流れ、見たこともないキャラクターがウヨウヨしている。

そんな、ゆめにっきの世界に魅了され「私もプレイしたい!!」と、実況動画をすぐさま閉じてインストールした。

病んでる時はプレイしない方が身のため

なぜかって?

ゆめにっきをプレイしてると段々精神状態が不安定になってくるから(笑)


これは私だけなのかもしれないのでハッキリとは言い切れないんだけど、しばらくプレイしていると正直頭がおかしくなりそうになる。
暗い部屋でイヤフォンをつけながらプレイしてたら確実に精神持ってかれるからね!!


別に特別グロい表現が出てきたりするわけじゃないんだけど、なんか徐々に徐々に精神をえぐられるというか...


けど、癖になるんだな!これがっ!!


ゆめにっき
(出典:ゆめにっき)


当時、若干精神を病んでいた私はイチコロだったぜ☆

けど、一度プレイしたら止まらなくなっちゃったんだぜ☆

ついつい魅了されてしまうキャラクター達

ゆめにっきには様々なキャラクターが登場するんだけど、どのキャラクターもかなり個性的でとにかく不思議。

その中でも私のお気に入りのキャラをご紹介。

窓付き

窓付き
(出典:ゆめにっき)


自分が操作するキャラクター(主人公)
夢の中で様々なエフェクトと呼ばれるアイテムを入手する事によって道具を持ったり、変身したりする。

モノ子

モノ子
(出典:ゆめにっき)


モノ子ッッ可愛いよおかわいいいよォモノ子ォォアアァァア アァッ!

夢の世界の白黒世界のトンネル内にいる。
【しんごう】のエフェクトを使うと、トラウマ必須の姿に変化する。

ウボァ

ウボァ
(出典:ゆめにっき)


ゆめにっきを知らない人でもこのキャラを目にした人は多いんじゃないかな?
夢の世界の浅瀬のポニ子がいる家で電灯を消すと1/64の確率でポニ子がウボァに変化する。(かなりショッキング)

ちなみに私は知識も無くプレイしたのにも関わらず、一発でウボァに変化してしまい心臓がはち切れそうになったのはいい思い出(笑)
確率仕事しろ。

キュッキュッ君

キュッキュッ君
(出典:ゆめにっき)


夢の世界の隠し部屋にいる。
いつも階段の手すりをキュッキュッこすっている様子からネットでこの名がつけられた。

セコムマサダ先生

セコムマサダ先生
(出典:ゆめにっき)


夢の世界の宇宙船らしき建物の中でピアノを弾いている。
ちなみに窓付きに包丁を持たせて近づくと後ずさりする(可愛い)

考察が楽しい

『ゆめにっき』は作中でこれと言った説明が全くないので、ネットでは様々な考察が飛び交っている。

・なぜ窓付きは自分の部屋から出る事が出来ないのか

・なぜ現実世界(仮)はいつも夜なのか

・なぜ最後に窓付きは飛び降りてしまうのか

他にも登場するキャラクターやエフェクトに関しても興味深い考察を綴ってる人が数多く存在する。
私もその不思議な魅力にハマってしまった一人。

けれど、どう考察しようが本家で何も語られていないので何とも言えない。
このゲームが何を言いたいのか、果たしてハッピーエンドだったのかバッドエンドだったのかは個人の解釈によりけりだろう。


『ゆめにっき』に正解など存在しないのだ。

グッズ展開もされている

私がゆめにっきをプレイしたのは数年前の話だが、気がつけばたくさんグッズ展開されていてビックリした。

私がプレイしていた時、周りにこのゲームを知ってる人が一人もいなかったのでなんか物寂しい気持ちでもある(笑)

ラバーマスコット

おお...可愛い。

クリアファイル

モノクロがいい感じ。


他にもアンソロジーコミックスやBGMアレンジアルバムなど様々なグッズが発売されている。

最後に

今でも様々な考察が飛び交う作品『ゆめにっき』


私は途中まで攻略サイトを見ずにプレイしていたけど、最終的には攻略サイトを見てしまいました(笑)
てか、全く知識が無い人はラストに辿り着けない気がする。

はたしてそれがラストなのか、正解なのかは私にも分からない。
正解を求める事すら間違っているのかもしれない。


とにかく私が言えるのは
『ゆめにっきは人生で一度はプレイして欲しいゲーム、ただし自己責任で。』



ゆめにっきの世界観にどこか惹かれる人とは仲良くなれる気がする...

おしまいっ!