甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

【批判殺到】地毛証明書って本当に必要?


どーもこんにちは!甘夏(@amanatu_sauce)です。


今日のニュースで高校生の『地毛証明書』が取り上げられてました。

そもそも地毛証明書ってなんぞ??

地毛が茶色い生徒、天然パーマの生徒などが
「私は元々地毛がこんな感じなので染めてもいないし、パーマもかけてません!」と学校側に証明する書類のこと。

なんと、都立高校の6割がこの制度を導入してるそう。

厳しい所だと幼少期の写真も一緒に提出しなければならないそうだ。


なんじゃそれ

私の高校でも地毛証明書が必要だった

都立高校じゃないけど、私の高校時代も地毛証明書を入学時に提出しなければ大変な事になった。


なぜ大変な事になったか分かるかって??

私が地毛証明書を提出し忘れたからだ!!


はい、自業自得ですね、サーセン。

地毛が茶色い私

私の髪の毛は幼い頃から真っ黒ではなく、どちらかと言えば少し茶色っぽい。

プールに入ると脱色した位の明るさになる。夏場外に長時間居ても明るくなる。
いじられるのが嫌なのでプールは極力避けていた。


それでも茶色い私は中学時代、それを気にくわない女の先輩達に何度も呼び出されていた。かといって私は地毛なので悪気もないし不良なワケでもない(笑)

生まれて一度も染めた事が無いのに、先輩のご機嫌取りの為に黒染めするなんてまっぴらだ!と茶色い地毛を突き通していた。

高校で地毛証明書の提出を求められた

中学時代は地毛証明書なんて物は無かったけど、高校に入学したら学年主任の先生から地毛証明書を提出するように!と言われた。

提出期限は1週間。
普通に提出するの忘れた...(笑)オワタ。


期限が切れた証明書は受理してもらえず(当たり前)頭髪検査の日は毎回毎回怒鳴られ、しまいには学校の水道で黒染めしろと言われた。


だが断る
(出典:ジョジョの奇妙な冒険)


まぁ、提出しなかった自分が一番悪いっていうのは分かってます。

社会人になってからも期限を守らない奴は信用問題に関わるからね...。


でも、なんか心の何処かで地毛証明書の制度に納得できない自分がいた。

なんかこう...モヤモヤする感じ。

『日本人=黒髮ストレート』という固定概念

やはり日本人といったら黒髮ストレートが当たり前なのかな?


髪の毛が少しでも茶色いと異質なの?天然パーマがコンプレックスの人だっているんだぜ?そういう人に対して「おまえ本当にそれが地毛なのかって証明できんのかよ?」ってなんか酷くない?

カツラの人に対して
「ちょいとキミ、本当にそれは地毛なのかね?」
と問いてるようなもんじゃねーか!?(笑)


やっぱり日本人は『ごうに入っては郷に従え』って事なのかな。

地毛証明書に守られる部分もある

私の中学時代に地毛証明書制度があったらどうだっただろう。

意地悪な女の先輩達に地毛証明書を叩きつければ呼び出されなくて済んだのだろうか?

実際にやってみないと分からないけど
「あ、そうだったの。勘違いしちゃってごめんね。」となったかもしれないし、
「そんなの知らねーよ!てか生意気だわ!」と証明書を破り捨てられたかもしれない。


それは今となっては時すでに遅しなので分からないが、地毛証明書によって少なからず問題に巻き込まれなかった生徒もいるだろう。

でもやっぱり無言の圧力を感じる

それでもやっぱり私は地毛証明書に対してモヤっとした何かを感じる。


日本人特有の『こうでなければならない』という無言の圧力を感じるのだ。

保守的というか、偏見というか...

本来は生徒を守る為に行なっている制度なのかもしれないけれど、それを強要されると何処か虚しくなる。
本来のあるべき姿を否定されている気がするのは私だけだろうか?

最後に

地毛証明書を否定するつもりは無かったけど、日本のこういった保守的な考えがあまり好きではないのが私の正直な気持ちです。


これから先こういった制度が更に厳しくなっていくのか、緩和されていくのか...はたしてどうなるんだろう。



おしまい