甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

大っ嫌いな注射を克服する方法思いついたった


どーもこんにちは!甘夏(@amanatu_sauce)です。


タイトルからご察しの通り、私は注射がめちゃくちゃ苦手だ。

私と注射の攻防戦

幼稚園の頃、予防注射が嫌すぎて全力拒否。診察室から脱走し看護師さんに取り押さえれた黒歴史があるくらい注射が苦手だ(笑)その際は大変ご迷惑をお掛けしました...。

子供の頃の私は大人になれば注射を打つ機会なんて無くなると思っていた。


しかしそれは大間違い!

大人になってから入院、手術を繰り返す地獄の日々。

採血・点滴・採血・採血・点滴といった具合で怒涛の注射ラッシュ。お注射ボーナス突入ぅぅぅっ!!!って感じ。


しかも最悪な事に私は60%位の確率で失敗される。たまたま私の担当の看護師さんが下手っぴなのかと思いきや、関係なかった(笑)看護師さんいわく私の血管は「採血しにくい血管」らしい。詰んだでしょこれ...。
お陰で腕は内出血だらけで紫色に。「バイオハザード的なやつに感染したのか!?」ってくらい酷かった。(記念に写真撮っとけば良かったね☆)

点滴はだいたい刺しっぱなしが多いんだけど、これがまた太い!「医療用で一番太い点滴針です。」って言われた時は死を覚悟した。

しかも失敗されたよっ☆ファァァーーー!!!

って事で克服法を考えた

もうね、大人だからね。 注射から泣く事も出来ないし、逃げ出す事も許されないのですよ。

これから先、きっとまたお世話になる日が来るのは目に見えているので上手く彼と向き合っていくしかないのですよ。


って事で私なりの注射克服法を考えてみました。

注射を克服する4つの作戦

①看護師さんを理想のキャラクターに変換する

好きなアニメキャラクターでもいい、好きなアイドルでもいい。とにかく看護師さんを脳内で理想のキャラクターに変換するのだ!

ちょっとチクッとしますよ

私は今...ほたるちゃんにお注射されてる。今私に針を刺しているのは看護師見習いのほたるちゃん...

看護師志望のほたるちゃん。可愛い可愛いほたるちゃんに今私はお注射されていると思えば何とか耐えられる。
何度も失敗されたって広い心で許してあげられる.....はずだ。


ほたるちゃん
(出典:美少女戦士セーラームーン)


...ほたるちゃん可愛いお。

②とびっきり楽しい事を考える

過去の楽しかった思い出、もしくは最高に楽しい妄想をして今の状況を忘れるのだ。

ちょっとチクッとしますよ

一日中、馬刺しをつまみながら同人誌読み漁ってゲームして漫画読んでアニメ見て寝ての生活...ああ、幸せだろうなぁ~。うへへへ

そう、脳内お花畑状態にする作戦。

だがこれはあまりオススメしない、看護師さんの前でニヤニヤしてドン引きされる可能性もあるし、何より虚しくなるからね。

③敵に捕まったスパイになりきる

ここは敵のアジト。
スパイの仕事をしくじった私は地下の実験施設へ送られ尋問を受けていた.....

尋問しても吐く気がねぇようだな。いっその事この薬の実験台にしてやろう。どうなるかが見物だな!けけけけけ

くっ.....やってみやがれ!!

的な。

これはいかに役になりきるかが重要となってくる。生半可な気持ちでは失敗に終わる一か八かの作戦だ。心して実行して欲しい。

④こういうプレイだと思い込こむ

世の中には痛みを快楽に変換できる変態人も存在します。

ちょっとチクッとしますよ

むしろありがとうございます

ピンチをチャンスに変える作戦。
この状況をご褒美だと思い込めば苦も感じないはず!

※新たな境地に目覚める可能性もありますが責任は取りません。

最後に

【結論】痛いもんは痛い。


毎回いろんな克服法を考えては試しているのですがやはり痛いです。2回も失敗されたらそりゃ泣きたくなります。

私の願いは今後、医療技術が発展して痛くない注射針が開発されるか、注射を打たずとも済む方法が生まれる事を祈るばかりです。