甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

深海の生物っていいよね ~太古のロマン~


どーもこんにちは!甘夏(@amanatu_sauce)です。


私は以前クラゲが好きだという記事を書いたのですが、クラゲと同じくらい深海魚も大好き。

www.amanatusauce.com


水族館に行くとクラゲコーナーの次に滞在時間が長いのが深海魚コーナー!あの薄暗くてひんやりした空気もなんとも言えない心地良さなのだ.....。

深海魚のここが好き!

深海魚って基本グロくてキモい。

なんか基本、ヌメヌメしてそうだし、熱帯魚の様な可愛さも持ち合わせていない。

人間で例えるならば熱帯魚がクラスの人気グループ(いわゆる陽キャ)だとしたら、深海魚は確実に根暗なグループ(陰キャ)だ。

何考えてるかよく分からないし、触れちゃいけない部分が多そうなイメージ(笑)


だがそれがいいっ!!


花の慶次
(出典:花の慶次)


その不気味でミステリアスな生態に無限大の可能性と心の奥底にある中二心を掻き立てられるのだ。

個人的に好きな深海生物

深海魚っていうとメジャーなのはクリオネ、メンダコ、ダイオウグソクムシとかかな?

もちろん彼等も可愛いけど、今回は私の特に好きな深海生物をご紹介。

サルパ

サルパ
(出典:ネット動物園)


スケルトンゲーム機を彷彿させるボディ。
(スケルトンカラー見なくなったな...)

有性世代と無性世代を繰り返すという生命の神秘と謎を凝縮したような生物。

有性世代の時は連鎖して泳ぎながら卵を産み、無性世代と時は自分のクローンを自ら生み出すらしい。うん、わけわからん(笑)

ミツクリザメ

ミツクリザメ
(出典:サメ MANIAX)


別名「ゴブリン・シャーク」

私のクラゲの次に好きな海の生き物はサメなのだが、このミツクリザメもなかなかカッコイイ。

特徴はなんといってもこの鋭い歯と剥き出しになった歯茎。深海の生物ってこう...独特のフォルムのやつが多いよね。

ちなみにこんな怖い顔してるのに人は襲わない。ギャップ萌えだね。

シーバタフライ

シーバタフライ
(出典:rebloggy)


ゼルダの伝説のナビィっぽい(笑)


ナビィ
(出典:ゼルダの伝説 時のオカリナ)


クラゲの様に海中を浮遊するなんとも幻想的な生き物。体調は約1cm。

そしてこの貝殻はかなり頑丈に出来ているのでそう簡単には捕食されないんだとか。

オオグチボヤ

オオグチボヤ
(出典:ネット動物園)


肉食系のホヤ。大きな口を開けている様な風貌からこの名前がついた。

EVA量産機を連想させるようなフォルムだが、見れば見るほど癖になる可愛さがある。


エヴァの量産機
(出典:新世紀エヴァンゲリオン)


また、刺激を受けると口を閉じてしょんぼりした感じになのがまたキュート。

ピンポンツリースポンジ

ピンポンツリースポンジ
(出典:La Ciencia y sus Demonios)


なんかFFっぽい。

幻想的を通り越してもはやファンタジーな生き物。ちなみに海綿動物である。

このピンポン玉の様な部分は青白く発光するんだぜ?しかもこいつ...肉食なんだぜ?

海綿動物って原始的な生き物なんだけど、まだまだ解明されていない事がたくさんあるのも魅力的。

最後に

この記事書いてたらまた水族館行きたくなっちゃった。いいよね...深海生物。太古のロマンを感じるよ...。


人間よりずっとずっと長い間この地球に住んでいて、暗い暗い海の底でひっそりと、そして時に激しく生息している姿を想像すると心躍りますな!!

海の生き物って地上の生物に比べるとまだまだ解明されていない所がたくさんあるけれど、これから先もっとたくさん未知なる生物が発見されていくんだろうな...。

海、それは宇宙...