甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

堕落した自分を正当化して取り返しがつかなくなる前に


どーもこんにちは、甘夏(@amanatu_sauce)です。


幼少期から学生時代までイージーモードで、とにかく努力する事を知らなかった私はお豆腐メンタルであり、何事もすぐに諦める性格でした。

何か嫌な事があればすぐに逃げ、学校生活では常に傍観者。


エヴァに例えると初期のシンジ君みたいな感じ。


シンジ君
(出典:エヴァンゲリオン)

嫌な事から逃げるのに慣れるのはあっという間

最初はひょんな事から始まりました。

「あぁー、今日学校行きたくないなぁ」


何か理由を見つけなきゃそう簡単に休めないし...とりあえずお腹痛いって事にしておくか。
いわゆるズル休み。学校という大嫌いな場所から逃げました。


それからというもの、学校が嫌なら休むというスタイルに慣れてきました。人間というものは怖いもので、数回繰り返せばそれが当たり前になってきます。
情緒不安定、お豆腐メンタルならあっという間です(笑)

体調不良の言い訳も通用しなくなってきたので学校に行く途中の橋の下で1日過ごす事もありました。


中学生ながらに「あぁ、こうやって不登校になっていくんだな。」と悟りました。

やがて堕落した自分を正当化するように

逃げる事が当たり前になった私、日常生活もとにかく堕落していきました。

最初は罪悪感があったのに、次第に『別に誰にも迷惑かけてないし』と開き直るように。


学校に行きたくない時は
「問題児が居ない方が先生はラクだろうし」
部活に行きたくない時は
「下手くそな私が居ない方がチームがまとまるし」
仕事に行きたくない時は
「昨日あんなに残業して頑張ったし」


と、事ある毎に理由をつけてはすぐ逃げるように...
逃げる時にはいつも「この世の中、私より甘えてる人がいるんだから私がこの位ダラけても許されるはずだ」と心の何処かで自分を正当化していました。

常に選択肢に【逃げる】のコマンドがある状態です(笑)


コマンド


クズ人間ですね...

最悪の結末も考えられる

何のために生きているのか分からなくなる時ってありますよね。

学生時代の私は特に趣味も無く、友達とも上辺だけの付き合い。何一つ特技も無く、将来の夢も無い。とにかく輝いてるクラスメイトが羨ましくて、自分と比べては自己嫌悪する日々でした。


『自分が居なくなっても誰も困らないんじゃないか。むしろ、地球にとってはプラスになるんじゃないか。温暖化だし』

と、意味不明な事まで考えるようになりました。もう完全にダークサイドに堕ちてましたね(笑)


なので、自らの命を断つ人の気持ちが分からなくもありませんでした。
そしてこのままの生活を送っていたら私もそうなるかもしれないと心の隅で感じていました。

危機感というよりはそんな自分に嫌悪する感情に近かったかもしれない。

『明日やろう』は堕落を正当化するよりよっぽど偉い

明日やろうはバカヤローという言葉があるけど、私は明日やろうと思う時点で偉いと思うんです。
だって明日の事を考えているから。

堕落した自分を正当化して考える事を辞めてしまうよりよっぽどスゴイ事だと私は思います。

堕落を正当化する自分を卒業するためには

そんな自分に嫌気がさして自分を変えようと思い行動に移す事にしました。前向きになるにはだいぶ時間が掛かりましたが私が実際に心に留めてきた方法を紹介しようと思います。

逃げても何も変わらない

『自分を正当化する事は問題から目をそらしている事に過ぎない』

これは当時、中学校の担任の先生から言われた言葉です。


当時の私には分からなかったけど、今の私なら分かる気がします。結局は問題を見て見ぬ振りして逃げてるだけじゃ何も変わらないって事だと思うんです。

キツイ言葉かもしれないけど、堕落した自分に鞭を打つ事は必要です。自分が立ち向かわなければ誰も立ち向かってくれません。

自分に出来る事を精一杯やればいい

一言で言うと『開き直る』ってやつ(笑)


自分で自分を認める事って結果的に自信に繋がると思うんです。
自分なりに頑張ったな!と思ったら自分を褒めてあげて下さい。

それでも自分に自信が持てなかったら開き直っちゃいましょう☆
今日やれる事はやったぜ!自分にとっては大きな一歩です。

人と比べる位なら目標にしてみる

私は学生時代とにかく人と比べては自己嫌悪していました。

『○○ちゃんは可愛いし、スポーツもできて羨ましい』
『○○くんはお金持ちでしょっちゅう海外旅行に行ってる』
『○○さんは仕事もプライベートも充実していて幸せそう』

隣の芝生は青いという言葉通り、人の人生の方がより豊かに輝いて見える事ってありますよね。


まぁ、比べてもどうにもならないし比べて自己嫌悪する位だったら、いっそのことその人を目標にしちゃったらいいと思います!

【羨ましい=自分はどうしたいか】それを考えるだけで今やらなきゃならない事が見えてきたりします。

他人のものさしは気にしない

お豆腐メンタルだった私はすぐ人の言葉に傷付いていました。

「普通だったら出来るでしょ」
「これくらい出来て当たり前」
「他の人はもっとツラい思いしてるんだぞ」


...普通ってなにかね(涙目)


私は自分のものさしでその人の人格を全否定する人が苦手です。でも、たまにいます。
自分の人生観を押し付けてドヤ顔してくるやつ。

アドバイスだったらまずは偏見を持たないで聞きましょう。判断するのはそれから。
けれど、自分のものさしで人格を全否定してくる様な人の言葉は気にする必要はありません。

時にはスルースキルも大事!

趣味を作る

心が病んでいた時の私はこれといった趣味がありませんでした。まぁ、ぶっちゃけ病みすぎると趣味どころじゃありませんが(笑)

その時はアニメを見ても漫画を読んでも心此処にあらず的な感じで、それに没頭する気力も余裕もありませんでした。


でも、少なからず趣味があれば『心の拠り所』が出来ると思うんです。

学校が嫌でも、仕事が嫌でも趣味に没頭できる時間があればリフレッシュ出来るし、嫌な事を考えないで済みます(笑)
それが『逃げ』なのだとしても、趣味によって気持ちを切り替える事が出来れば自分にはプラスですよね。


今の私にはブログという趣味があります。

自分の気持ちをダイレクトに文章に書き起こす事によってストレス発散にもなるし、書いた記事に反応してくれたり、こんな私にも絡んでくれる人もいてすごく幸せです。

みなさん、本当にいつもありがとうございます。

専門家に相談する

ぶっちゃけこんなブログを読むより、専門家に相談したほうが何倍も良いと思います(笑)

私の場合は自分の体験談を綴っているだけなので...


専門家の人に相談するのは勇気の要る事かもしれませんが、実際私の周りに薬によって気持ちが落ち着いたり、前向きになれた人もいました。

心の何処かにそういった人に相談する選択肢もあるという事を留めておいて下さい。

最後に

偉そうな事を言ってしまいましたが、嫌な事に立ち向かうという事は相当な覚悟と勇気が必要ですよね。


私も一度ダークサイド堕ちた身なので未だに情緒不安定になる日や、嫌な事から目をそらしたくなる日もあります。

それでも自分なりにやってきた事を信じて一日一日を大切に生きています。人生楽しい事ばっかりじゃないですもんね。



この記事が今、何かにつまづいてる人に少しでも共感してもらったり、励ましになれば幸いです。

おしまい