読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

甘夏ソースで召し上がれ

絶対おすすめ!クレヨンしんちゃん映画ランキングベスト10

クレヨンしんちゃん大好きだ!

幼い頃から今まで気がつけば毎週テレビでクレヨンしんちゃんを見ている私。

しんちゃんはずぅっと5歳だけど、しんちゃんと一緒に成長していった感があるんだよなぁ。
大人になった今でも毎週録画してるし(笑)
(お休みの週は若干へこむ)

今までの映画はもちろん全部見てきました。
子供の頃に見た作品と大人になってから見た作品、それぞれあるけど個人的に絶対オススメできる映画作品をまとめてみたのでご覧くださいっ☆

(あくまで甘夏個人のランキングです)

※ネタバレ要素も少しあるのでご注意を

クレヨンしんちゃん映画ベスト10

第10位 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016)

爆睡!ユメミーワールド大突撃
(出典:クレヨンしんちゃん)


「子供の時に見たかったな~」が率直な感想。
その位ワクワク感があります。

私の大好きな、かすかべ防衛隊がたくさん活躍してくれたので満足な作品。

ギャグも満載ですが、テーマが重め。
親の歪んだ愛情が痛いほど伝わります。

どちらかと言うと、映画では毎回ひろしが活躍しているイメージだけど、今回はみさえが重要な役割を果たしています。 


まだ見ていない方はぜひ。

第9位 ブリブリ王国の秘宝(1994)

ブリブリ王国の秘宝
(出典:クレヨンしんちゃん)


アクション多めのクレしん映画。

ジャングルや飛行機、遺跡など様々な場所で展開されるアクションシーンは見る人を飽きさせません。

ラストのブリブリ魔人のバトルは重厚感ハンパない!大人になってから見返すと、全体的にアクションの見せ方が上手いな~と感じました。

第8位 爆発!温泉わくわく大決戦(1999)

爆発!温泉わくわく大決戦
(出典:クレヨンしんちゃん)


地球温泉化計画を企てる組織「YUZAME」に温泉Gメンが立ち向かう!
...という争いに巻き込まれた野原一家。

YUZAMEも温泉Gメンも色々とくだらなくて笑える。 ラストバトルの巨大ロボで戦うシーンはかなり胸熱!

同時上映された『クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉』もギャグがキレッキレで終始笑いっぱなしなので、こちらも是非見て欲しい。

第7位 ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014)

ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
(出典:クレヨンしんちゃん)


私、女だし父親じゃないし、たぶん感動しないだろうな。と思っていたら、いい意味でかなり裏切られた作品。
(初見で二回泣いたからね?)

ひろしの心を持ったロボとーちゃんと本物のひろし。どちらも子を思う気持ちは一緒。
どっちを応援すりゃいいんだよ(泣)

ただ、敵キャラがもう少しインパクトあっても良かったかな。

ラストの腕相撲シーンは涙腺崩壊しました。

第6位 電撃!ブタのヒズメ大作戦(1998)

電撃!ブタのヒズメ大作戦
(出典:クレヨンしんちゃん)


ぶりぶりざえもん好き必見!

いつもふざけている二人だけど、この映画はしんちゃんとぶりぶりざえもんの熱い友情が見られます。

また、親が子を思う気持ちが凄く伝わってくる作品です。
子供の為なら何処へだって行くし、何だってする姿は子供も大人も感動すると思います。

てか、クレしん映画でいきなり劇画風タッチになるのがツボなの私だけ!?何度見ても腹筋崩壊する(笑)

第5位 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002)

嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
(出典:クレヨンしんちゃん)


舞台は戦国時代なんだけど、野原一家は車のまま戦場に突入しちゃうし、色んなギャップが凄まじい作品(笑)

タイムスリップ物って楽しいね!

ただ、ラストで『死』を描いたのは結構重いですね。
当時、ぽかーんってなりましたもん。

涙なしでは見られない名作です。

第4位 暗黒タマタマ大追跡(1997)

暗黒タマタマ大追跡
(出典:クレヨンしんちゃん)


オカマ3兄弟最高。

とにかくテンポの良さとバトルの爽快感、ハラハラ感がハンパない!
シリアスとギャグを絶妙に使い分けていて最後まで楽しめる作品です。

クレしん映画の中ではアクション多め&濃いキャラ多めです(笑)

第3位 雲黒斎の野望(1995)

雲黒斎の野望
(出典:クレヨンしんちゃん)


色々と衝撃を受けた作品(笑)

「タイムスリップして戦国時代を救って欲しい」と現代の人間にお願いをしたかったのに、たまたま犬のシロにリングをはめてしまったタイムパトロール隊。
なのでシロが流暢にお喋りします。可愛い。

途中で大人バージョンのしんちゃんが出てくるんだけど、きもカッコイイ(笑)

そして吹雪丸とみさえの関係が、親子のような小さな恋人のような。ヤキモチを焼くひろしが可愛い。

第2位 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2010)

嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
(出典:クレヨンしんちゃん)


昔は良かったよなぁ~。今の生活を捨ててオトナ達だけあの懐かしい時代で楽しもうぜ?っていうノスタルジックなオトナ帝国化計画に立ち向かう映画。

正直、平成生まれの私にはよく分からない所もあるけど、当時「大人にも子供の時代があったんだ...」と子供ながらに考えさせられた作品。

敵ボスがかなり哀愁漂ってて、可哀想になってくる(笑)

なんといっても、一番の見所は終盤でしんちゃんが何度転んでも何度転んでも立ち上がって鉄塔の階段を登っていくシーン。
ボロボロになりながらも「オラ、オトナになりたいから!」と諦めないしんちゃんを見ると毎回号泣してしまいます。

第1位 ヘンダーランドの大冒険(1996)

ヘンダーランドの大冒険
(出典:クレヨンしんちゃん)


ご察しの通り(笑)

私の中で何年経っても不動の1位。

謎のテーマパーク『ヘンダーランド』が舞台。
物語全体がどことなく不気味で不思議な雰囲気なので子供の頃の私は少し怖かった記憶があります。
そして大人が結構役立たず(笑)

とにかくトッペママペットが可愛い!敵キャラもなんか可愛い!当時トッペマの真似して頬っぺたに星マーク書いた思い出がある。
今でもヘンダーランドのテーマソングやトッペマの歌はすぐに再生できます(笑)

なんといってもこの映画の醍醐味はラストのバトル。
ババ抜きにダンスに追いかけっこ。みんな真剣なんだけどかなり笑えてテンポも最高!

アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんが大集合した時は当時かなり興奮したなぁ~。

ラストの「えー!?そうだったの!?」感も本当に大好き。
嗚呼、にやにやとまらん。

本当に自信を持ってオススメ出来るクレしん映画です!!

トッペマ
(出典:クレヨンしんちゃん)

最後に

いかがでしたか?
みなさんの好きなクレしん映画はランクインしていましたか?

どの作品も良作で、10作品に絞るのはかなり悩んだのですが、やっぱり子供の時にリアルタイムで見ていた印象が強すぎてどうしても昔の作品に偏ってしまいました(笑)


これからも素敵な作品が出るのを毎年楽しみにしたいと思います☆


おしまいっ☆