読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘夏ソースで召し上がれ

根暗だけどミーハーな私のブログという名の雑記

蚊に刺されすい人の5つの特徴とその対策を実体験を交えながらまとめてみた

ライフハック
蚊にさされない方法

夏だ!蚊の季節だ!

夏ですね。はい。毎年やってくる夏。奴らがイキイキと飛び交ってますね。

そう....蚊!!!!

私は暑いのよりも何よりも蚊が大嫌いだ!!
奴らは平気な顔で人の生き血をすすりやがる。まだ、血をすするだけなら可愛いものを奴らは「かゆみ」というプレゼントを残してきやがる。とんでもない奴らだ。

はたして何度、私は蚊の存在意義について問いた事だろうか・・・。毎年夏が来るたびに考えてる気がする(笑)

だってさ、蚊が好きな人なんている!?居ないだろ!!

蚊が好きな人なんて蚊の研究家か、虫よけグッズを売っている会社の社長ぐらいだろ。

蚊に刺される人の5つの特徴と対策

▽その1・暗い服を着ている人

蚊は暗い色に寄ってくる習性があるそうです。特に黒は一番NG。
この前、友達とお祭りに行ったのですが全身黒コーデだった私が一番刺されました。

対策 → なるべく明るい色の服を着よう

だがしかし!!!日焼けした肌にも寄ってくるらしい!
もう日焼けしちゃった私にはショックの事実(笑)


▽その2・汗をかいている人


蚊にさされない方法


蚊は匂いの中でも特に汗の中に含まれる乳酸の香りに反応する。
確かに高校の時代、練習したあと部室の前でグダグダしてた時めちゃくちゃ刺されてたわ!ちゃんと汗かいたらケアしないとね。
女子力女子力...。

対策 → 汗ふきシートを常備しよう


▽その3・水場の近くにいる人

知ってたかよ、蚊って水の中から生まれてくるんだぜ...。

【具体的な発生源】
・古いバケツなど水のたまった容器
・放置された子供の遊具(シャベルとか砂場バケツとか)
・放置されたジョウロ
・雨よけシート(ブルーシート)に溜まった水
・古タイヤ
などなどが蚊の産卵に適した場所なので要注意

確かに中古バイク屋にめちゃくちゃ蚊いたわ。古タイヤいっぱい積んであったわ。

対策 → 安易に水場には近づくな


▽その4・肌の露出が多い人

まぁ、当たり前だよね(笑)あらかじめ蚊の多そうな所に行くときは露出は控えめに。

対策 → 絶対刺されたくないのなら長袖長ズボン


▽その5・O型の人

研究結果によると、刺されやすい順はO>B>AB>A型の順。
だが残念なことに私はA型なのにバンバン刺される。

対策 → どうしようもないねっ☆


以上、蚊に刺されやすい人の特徴と対策をまとめてみました。
上記にプラス蚊取り線香や虫よけスプレーをかければ更に回避率がアップするであろう。

毎年、科学の進歩による虫よけ対策商品が発表されてるのでそのうち蚊はこの世からいなくなるんじゃないか!? と、希望に胸を膨らませながら今年も奴らと戦ってやろうと心に決めた甘夏でした。


おしまいっ